ホーム > マスコミ業界志望者向け > お笑い

お笑いのアーカイブ

エンタメ業界志望の江戸川大生向け特別課外授業のお知らせ

明日から毎週金曜日の昼0時半から1時まで、西条の研究室で、西条が本当に面白いと思うものと題したエンタメ業界就活志望者のための特別課外授業を行います。
忌野清志郎、所ジョージ、ブリーフ&トランクス、まりちゃんズ、スネークマンショー、山本リンダ、萌え系アイドルの歴史、ジャニーズの系譜、阿久悠、立川談志、井上陽水、会田誠など、西条が本当に面白い凄いと思うエンタメに毎回スポットを当て、普段の授業ではマニアック過ぎてできない話満載でエンタメの本質に迫ります。
参加資格者は、江戸川大学三年西条ゼミ生、エンタメコース生、エンタメ志望の一年生です。
お弁当とかたべなから見てもOKです。
では、明日の金曜昼休みに。

人気ブログランキングへ
そのクリックが励みになります

エンタメ・マスコミ業界志望者が爆笑問題の番組から勉強できることについて

今日の夜11時からTBSの情熱大陸は、放送600回を記念して爆笑問題に密着する後編が放送されます。
先週の前編は田中裕二編、今日の後編は太田光編です。
彼らのどのようにして独自の笑いを生み出しているか勉強しましょう。
また、サンジャポや太田総理などの彼らの番組を見て、政治や社会問題を太田光がどんな切り口で笑いに変えるのかも注目するようにしましょう。
NHKの爆笑問題のニッポンの教養、TBSラジオの爆笑問題カーボーイと日曜サンデー、二ヶ月に一度のタイタンライブ、半年ごとに出している時事ネタ漫才のDVDや数々の著書などもチェックして、彼らの知的な毒を含んだ笑いの本質に迫ってください。
太田光が尊敬する立川談志やウディ・アレンの笑いについて勉強してみることもオススメします。

今日は夜10時から日テレのおしゃれイズムのマツコデラックス編も注目です。
マツコがコメンテーターをしている毎週月曜5時からのTOKYO MXテレビの5時に夢中!と、毎週木曜夜1時45分からフジテレビのマツコの部屋も必見です。
知的な毒があって、キャラもあるという点で、いま、コメンテーターとしてはマツコが一番面白いと思います。

僕は以前から爆笑問題とマツコデラックスを組み合わせたら面白いのではと思っていたのですが、ここで皆さんに宿題です。
爆笑問題とマツコの組み合わせたレギュラー番組の企画をなるべく細かい構成まで考えて僕に送ってくださいね。

人気ブログランキングへ
そのクリックが励みになります

お笑い・映画業界志望者は神保町シアターの喜劇映画パラダイスで勉強を

今月15日から6月18日まで、吉本興業の神保町花月と同じビル内にある神保町シアターで、日本の往年の喜劇映画36本を集めた、喜劇映画パラダイスと題した特集上映が行われています。
僕のオススメは、エンタツ・アチャコや古川ロッパらの東京五人男、伴淳三郎のアジャパー天国、エノケンや三木のり平らの雲の上団五郎一座、由利徹のカックン超特急、フランキー堺の人も歩けば、渥美清の拝啓天皇陛下様、ハナ肇の馬鹿まるだし、立川談志やコント55号の昭和元禄ハレンチ節などです。
笑いは基本的にその時代のものですから、こうした喜劇映画も今見たら古臭く感じる部分も当然あるでしょう。
一方で、今に通じる笑いの構造や基本パターン、コメディアンの生かし方など、お笑い業界や映画業界を志望する人には勉強になるものも多いはずです。
まさに、古きをたずねて新しきを知る、です。それができる人こそ、新しいものが作れるのです。
僕が20歳前後の頃も、浅草東宝や池袋文芸座のオールナイトや国立フィルムセンターの特集上映などで古い喜劇映画を見まくったものです。同時に、まだテレビで売り出す前の三宅裕司のスーパーエキセントリックシアターとか、シティボーイズショーとか、当時の最先端の笑いのライブにも足を運んでいました。
古いものと最先端の新しいものを並行して、たくさん見てるうちに、自分の好きな笑いややりたい笑いの方向性も見えてくると思います。
笑いに限らず、音楽でも演劇でもドラマでもアニメでも、今の最先端のものだけでなく、そのルーツ的な古いものもたくさん見たり聴いたりして勉強することが何よりも大事で、そういうことをちゃんとしているかどうかは就活の面接官にも伝わるのです。

喜劇映画パラダイスの詳しいスケジュールは神保町シアターのホームページで確認のうえ、ぜひ、見に行ってくださいね。

人気ブログランキングへ
そのクリックが励みになります

お笑いバラエティー関係志望者必見の番組、バカヂカラ

合同コント・バラエティーという番組ジャンルがあります。
今で言うなら、はねるのトびらや爆笑レッドシアターのような何組かのお笑い芸人たちを組み合わせたコントを見せていく番組のことです。
かつては、ダウンタウンやウッチャンナンチャンらの夢で逢えたら、ナインティナインやよゐこらのとぶくすり、ホンジャマカや現さまぁ〜ずの大石恵三、くりぃむしちゅーやアンタッチャブルらのリチャードホールといった番組がありました。
この合同コント・バラエティー番組で今、もっとも面白いと僕が思うのが、毎週月曜夜11時半からTOKYO MXテレビで放送しているバカヂカラです。
出演者は、アンジャッシュ、アンタッチャブル山崎、ドランクドラゴン、北陽、おぎやはぎ、東京03などのプロダクション人力舎の芸人たちです。
人力舎の芸人たちにはじっくりとコントを演じるのが得意なタイプの人が多いので、かなりジワジワとくる笑いのコントが多いです。
最近ドラマ出演の多いドランクドラゴンの塚地は、この番組ではすごくイキイキと嬉しそうにコントを演じています。
東京03の角田もこの番組が一番乗っているように見えます。
TOKYO MXでの放送のため、世間的にはあまり話題にはなっていませんが、お笑いバラエティー制作やお笑いマネージャーやお笑い構成作家の志望者には毎週チェックすることをオススメします。就活面接の時には、世間的にあまり知られていないものの面白さを熱く語ったりすることが面接官へのアピールにつながるのです。

今日は他に夜1時からフジテレビのフジ算など。

人気ブログランキングへ
そのクリックが励みになります

お笑いや演劇関係を志望する人に狂言のススメ

今日は、昼2時からフジテレビのザ・ノンフィクションの竜と虎〜4歳ふたご初舞台物語をエンタメの勉強としてオススメします。
これは狂言の人間国宝の90歳の茂山千作の曾孫にあたる4歳のふたごが初舞台を踏むまでを追ったドキュメンタリーです。
良く、僕の授業、お笑い・エンターテイメント論でも言ってますが、狂言を一言でいえば室町時代のコントです。
だいたい3、4人で演じられるものが多く、最後に「ゆるしてくだされ、ゆるしてくだされ」と逃げる人を「やるまいぞ、やるまいぞ」と言いながら追いかけて終わるのは、「ゆるして〜」「待て、このヤロー」という追っかけのオチです。
狂言というと古典芸能というイメージから固くて難しいものだと思ってる人も多いかと思いますが、狂言には現代のコントに通じる要素がたくさんあります。
ウッチャンナンチャンの南原清隆は狂言の野村家と組んで、狂言とコントのコラボ公演をやってたりします。
とりわけ、今回紹介される茂山家の狂言はサービスたっぷりでわかりやすく、凄く笑えます。
これを機に、チケットぴあとかで調べて茂山家の狂言を見に行ってください。
千駄ヶ谷の国立能楽堂での定期公演は学生はかなり安く見れますよ。

他に、今日は夜0時40分からNHKのBS2で、先日亡くなられた井上ひさしさん作の音楽評伝劇・組曲虐殺が放送されます。
井上芳雄、石原さとみらが出演。
ホリプロが製作した舞台です。
演劇関係志望者やホリプロを受けたい人はぜひ、見るようにしましょう。

人気ブログランキングへ
そのクリックが励みになります

1 2

ホーム > マスコミ業界志望者向け > お笑い

マスコミ就職に役立つ!

今晩は、この番組を見よ!

番組/メディア情報など毎日更新中!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る