ホーム > タグ > エンターテイメント

エンターテイメント

エンタメ・マスコミ業界志望者が爆笑問題の番組から勉強できることについて

今日の夜11時からTBSの情熱大陸は、放送600回を記念して爆笑問題に密着する後編が放送されます。
先週の前編は田中裕二編、今日の後編は太田光編です。
彼らのどのようにして独自の笑いを生み出しているか勉強しましょう。
また、サンジャポや太田総理などの彼らの番組を見て、政治や社会問題を太田光がどんな切り口で笑いに変えるのかも注目するようにしましょう。
NHKの爆笑問題のニッポンの教養、TBSラジオの爆笑問題カーボーイと日曜サンデー、二ヶ月に一度のタイタンライブ、半年ごとに出している時事ネタ漫才のDVDや数々の著書などもチェックして、彼らの知的な毒を含んだ笑いの本質に迫ってください。
太田光が尊敬する立川談志やウディ・アレンの笑いについて勉強してみることもオススメします。

今日は夜10時から日テレのおしゃれイズムのマツコデラックス編も注目です。
マツコがコメンテーターをしている毎週月曜5時からのTOKYO MXテレビの5時に夢中!と、毎週木曜夜1時45分からフジテレビのマツコの部屋も必見です。
知的な毒があって、キャラもあるという点で、いま、コメンテーターとしてはマツコが一番面白いと思います。

僕は以前から爆笑問題とマツコデラックスを組み合わせたら面白いのではと思っていたのですが、ここで皆さんに宿題です。
爆笑問題とマツコの組み合わせたレギュラー番組の企画をなるべく細かい構成まで考えて僕に送ってくださいね。

お笑い・映画業界志望者は神保町シアターの喜劇映画パラダイスで勉強を

今月15日から6月18日まで、吉本興業の神保町花月と同じビル内にある神保町シアターで、日本の往年の喜劇映画36本を集めた、喜劇映画パラダイスと題した特集上映が行われています。
僕のオススメは、エンタツ・アチャコや古川ロッパらの東京五人男、伴淳三郎のアジャパー天国、エノケンや三木のり平らの雲の上団五郎一座、由利徹のカックン超特急、フランキー堺の人も歩けば、渥美清の拝啓天皇陛下様、ハナ肇の馬鹿まるだし、立川談志やコント55号の昭和元禄ハレンチ節などです。
笑いは基本的にその時代のものですから、こうした喜劇映画も今見たら古臭く感じる部分も当然あるでしょう。
一方で、今に通じる笑いの構造や基本パターン、コメディアンの生かし方など、お笑い業界や映画業界を志望する人には勉強になるものも多いはずです。
まさに、古きをたずねて新しきを知る、です。それができる人こそ、新しいものが作れるのです。
僕が20歳前後の頃も、浅草東宝や池袋文芸座のオールナイトや国立フィルムセンターの特集上映などで古い喜劇映画を見まくったものです。同時に、まだテレビで売り出す前の三宅裕司のスーパーエキセントリックシアターとか、シティボーイズショーとか、当時の最先端の笑いのライブにも足を運んでいました。
古いものと最先端の新しいものを並行して、たくさん見てるうちに、自分の好きな笑いややりたい笑いの方向性も見えてくると思います。
笑いに限らず、音楽でも演劇でもドラマでもアニメでも、今の最先端のものだけでなく、そのルーツ的な古いものもたくさん見たり聴いたりして勉強することが何よりも大事で、そういうことをちゃんとしているかどうかは就活の面接官にも伝わるのです。

喜劇映画パラダイスの詳しいスケジュールは神保町シアターのホームページで確認のうえ、ぜひ、見に行ってくださいね。

エンタメ業界就活に向けたファン気質からの脱皮について

アリス・イン・ワンダーランドをまだ見ていない人は早めにチェックしましょう。

ヤフーニュースのエンタメ総合と映画と音楽のニュースを、送り手や作り手の狙いを考えながら毎日必ず読む習慣をつけましょう。

皆さん、アイドルにしろ俳優にしろアーティストにしろ若手芸人にしろ、彼らへのファン気質から一日も早く脱皮して、業界で自分が実力を発揮していくためのスキルを身につけていくようにしましょう。
ただのファンでいたいなら業界就活を目指す必要はありません。
また、ただのファンに給料を払ってくれるほど、業界、そして世の中はあまくありません。
業界就活で、少しでもファンっぽい発言や行動をした時点で不採用は間違いなしです。
業界就活を本気で目指すなら、今後、友達同士のファン・トークを意識的に少なくして、仕掛ける側の視点でのエンタメ・トークを心掛けましょう。

エンタメ業界就活に向けた勉強とエンタメ作品の見方

いろいろなものを見るうえで、
いかにしてヒットを飛ばすかという仕掛ける側の視点で見なければ、業界就活の勉強にはなりません。ファ ンや受け手としてしか見れなければ、プロになるのはあきらめたほうがいいです。就活でも、いかにヒットを飛ばすかという視点からだけ 発言すべきです。音楽プロデューサーで言えば、ヒットを飛ばさなければプロとして評価はされません。

ビートルズはアマチュア時代はリーゼントで革ジャン着て激しめのロックをやっていたのを、マネージャーのエプスタインはマッシュルー ムカットにスーツ姿にさせたり、演奏後に深々とお辞儀をさせたり、本人たちの意思に反してアイドル的に売り出して大成功しました。そ れがショービジネスです。

映画ドリームガールズのモデルになった三人組の女性コーラスグループのシュープリームスは、最初はフローレンスがリードボーカルだっ たのを、モータウンレコード社長のゴーディがダイアナ・ロスとセンターのボーカルを交代させてから大スターになったものの、不 満を募らせてアルコール中毒になったフローレンスはグループをクビになり、ソロ曲もヒットせずに結果的に早死にしてしまいます。ゴー ディはプロデューサーとしては正解だったし、その厳しさがショービジネスです。

映画ドリームガールズでそのフローレンスがモデルの役を演じてアカデミー賞の最優秀助演女優賞を取った女優は、抜群の歌の上手さにも かかわらず、アメリカの人気番組のアメリカンアイドルの決勝で、審査員に君はこの世界に向いていないと言われて落選しましたが、そ の直後にドリームガールズのプロデューサーに声をかけられました。大女優ではなく無名の彼女を抜擢して成功させたドリームガールズの プロデューサーは優秀なプロデューサーだし、それもショービジネスです。

欽ちゃんこと萩本欽一さんはコメディアンとしての全盛期に欽ドンや欽どこなど視聴率30%の番組を三つ持ち、百%男と言われました。 今の島田紳助と同じで、その頃の欽ちゃんは番組からイモ欽トリオやわらべなどのアイドルユニットをヒットさせたり、プロ デューサーとしても優れていました。もちろんそれは認めつつも、コメディアンとしての面白さはコント55号時代の欽ちゃんのほうが はるかに面白かったということをわかっていることもプロとしては凄く大事なことです。

いろいろエンタメとして優れたものを見て、また優れたプロデューサーの仕事ぶりを学び、たくさん勉強してくださいね。

ホーム > タグ > エンターテイメント

マスコミ就職に役立つ!

今晩は、この番組を見よ!

番組/メディア情報など毎日更新中!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る