ホーム > タグ > 専門学校

専門学校

マスコミ志望者必読! 雑誌BRUTUSの特集・ポップカルチャーの教科書

皆さん、マガジンハウスのBRUTUSという雑誌は知ってますよね?
そのBRUTUSの今、発売されている号が発刊30周年を記念して、ポップカルチャーの教科書という特集を組んでいます。
お笑い、映画、音楽、女子、文学、演劇、マンガ、デジタル、アイドルなどの各分野の30年間をそれぞれの専門家が数ページずつ語っているのですが、これがどれもエンタメ・マスコミ業界志望者には必読の内容なのです。
浅草キッドの水道橋博士が北野武と松本人志を巡るお笑いの30年を語ったページも面白いし、菊地成孔氏による対立概念で読み解く日本のポップシーンという文章も大変興味深く、加藤ミリヤや青山テルマやJUJUなどの流派-R系の女性歌手は格好も歌い方も完璧にブラックミュージックだけど歌っている内容は「会いたいよ、寂しいよ、ずっとそばにいるよ」といった携帯メールそのもので、自分が普段打っているメールと同じ言葉が歌われているという「共感」により、若いリスナーに圧倒的に支持されているとの指摘にはなるほどと思わされました。
エンタメ・マスコミ就活突破を目指すなら、こうした特集の自分の志望するジャンル以外のページも基本的な見方や考え方を養ううえで読んでおくべきです。
雑誌BRUTUSの30年間を総括する後半の特集も読みごたえがあります。
今、書店やコンビニで売っているので、ぜひ、読んでくださいね。
感想も待っています。

マスコミ志望者へのアドバイス・質を高めるにはまず量から

皆さん、太田プロダクションという芸能プロダクションをご存知ですか?
片岡鶴太郎、山田邦子、松村邦洋、ダチョウ倶楽部、劇団ひとり、土田晃之、有吉、柳原可奈子、インスタントジョンソン、マシンガンズ、風藤松原、トップリードらが所属し、かつてはビートたけしや爆笑問題も所属していた、東京を代表する老舗お笑いプロダクションです。
ここ数年は、お笑い以外でも高島礼子とかの女優や、大島優子、前田敦子、小野恵令奈とかのAKB48メンバーなども所属しています。
その太田プロダクションの第一制作部長の荻野氏と僕は20年前から仕事でご一緒する機会が多く、江戸川大学のマスコミ自主講座エンタメ・コースにも講師として来ていただいています。
今週の月曜は荻野氏のご好意でうちの大学のエンタメ業界志望の学生7名に太田プロライブ・月笑の見学をさせていただきました。
火曜はマスコミ学科のマスコミ総合の時間に荻野氏に特別講師としてお越しいただき、芸能プロダクションやマネージャーの仕事についてや、マネージャーになるにはどうしたらいいか…などについて、僕との対話形式で授業を行いました。
その中で、荻野氏と僕は、エンタメ・マスコミ志望の学生はお笑い・映画・舞台・テレビ・音楽などのエンタメジャンルにかかわらず、もっともっとたくさん見たり聴いたりして勉強すべきで、質を高めるにはまず量からという点で意見が一致しました。
荻野氏も僕も、もともと自分の好きな狭い範囲のエンタメしか見ようとしないエンタメ・マスコミ志望の学生が増えていることが気になっていたのです。
例えば、EXILEや浜崎あゆみや倖田來未とかにしか興味ない人がavexの就活を突破できると思いますか?
avexに入るには古今東西の音楽にハンパなく精通し、映画やステージやテレビやあらゆるメディアのエンタメ作品やエンタメビジネスに興味を持っている、好奇心旺盛でずば抜けた行動力を持った人でないと難しいと思います。
お笑いライブにも行かず、最近のいくつかのお笑いバラエティーしか見ていないで、お笑いバラエティーのディレクターやお笑い構成作家になりたいと言っても、引き出しが少ないことはプロにはすぐ見抜かれてしまうのです。例えば、爆笑問題の太田光は立川談志やビートたけしやチャップリンやウディ・アレンや萩本欽一や太宰治や司馬遼太郎を尊敬し、それらが彼の引き出しになっているのです。本当ににスグレモノのエンタメ作品やエンターテイナーを見極める目を持つためには、とにかくたくさんのものを見たり聴いたりすることから始めるしかありません。
質を高めるにはまず量からというのはそのことです。
あらゆる音楽を聴きまくった音楽プロデューサーでなければ優れたCDは作れないし、たくさんの映画を見てたくさん勉強した監督でなければ優れた映画は撮れないのです。
まずは、とにかくたくさん見まくることです。
聴きまくることです。
読みまくることです。
調べまくることです。
考えまくることです。
ノートをつけまくることです。
足を運びまくることです。
追求しまくることです。
頑張ってください。

今週土曜、5月15日は江戸川大学オープンキャンパスへ!

エンタメ・マスコミ業界就職志望の高校生の皆さん、今週土曜の5月15日の朝9時半から午後3時まで開催される江戸川大学のオープンキャンパスにぜひ、いらしてください。
当日は僕もマスコミュニケーション学科のところにずっといますので、ぜひ、話しかけてくださいね。
エンタメ・マスコミ業界就職を目指すために高校生のうちからやっておいたほうがいいことなどを詳しくアドバイスさせていただきます。
つくばエクスプレスの流山おおたかの森駅から無料バスに乗って5分で大学に着きます。
詳しくは江戸川大学のホームページで確認してみてください。
毎年、オープンキャンパスには関東はもとより、地方からもたくさんの高校生が集まってくれています。
今年のオープンキャンパスは6月19日、7月24日、25日、8月7日、21日、22日、9月4日、10月2日、11月3日、20日にも開催され、そのいずれかの日に、エンタメ業界就活対策、お笑いやジャニーズの魅力などについての僕の模擬授業も行います。
模擬授業の日にちが決まり次第、また、お知らせします。
では、皆さんとお話できるのを楽しみにしていますね。

お笑いや演劇関係を志望する人に狂言のススメ

今日は、昼2時からフジテレビのザ・ノンフィクションの竜と虎〜4歳ふたご初舞台物語をエンタメの勉強としてオススメします。
これは狂言の人間国宝の90歳の茂山千作の曾孫にあたる4歳のふたごが初舞台を踏むまでを追ったドキュメンタリーです。
良く、僕の授業、お笑い・エンターテイメント論でも言ってますが、狂言を一言でいえば室町時代のコントです。
だいたい3、4人で演じられるものが多く、最後に「ゆるしてくだされ、ゆるしてくだされ」と逃げる人を「やるまいぞ、やるまいぞ」と言いながら追いかけて終わるのは、「ゆるして〜」「待て、このヤロー」という追っかけのオチです。
狂言というと古典芸能というイメージから固くて難しいものだと思ってる人も多いかと思いますが、狂言には現代のコントに通じる要素がたくさんあります。
ウッチャンナンチャンの南原清隆は狂言の野村家と組んで、狂言とコントのコラボ公演をやってたりします。
とりわけ、今回紹介される茂山家の狂言はサービスたっぷりでわかりやすく、凄く笑えます。
これを機に、チケットぴあとかで調べて茂山家の狂言を見に行ってください。
千駄ヶ谷の国立能楽堂での定期公演は学生はかなり安く見れますよ。

他に、今日は夜0時40分からNHKのBS2で、先日亡くなられた井上ひさしさん作の音楽評伝劇・組曲虐殺が放送されます。
井上芳雄、石原さとみらが出演。
ホリプロが製作した舞台です。
演劇関係志望者やホリプロを受けたい人はぜひ、見るようにしましょう。

コンサート・ステージ制作志望者必見の山本寛斎スーパーショー

ステージ・ショーやコンサート・イベントなどの制作に興味がある人は、今日、夜8時からNHKのBS2で放送される、ザ☆スターの山本寛斎特集をチェックしましょう。
ファッションデザイナーとして世界的に有名な寛斎氏ですが、ファッションショーという枠を飛び越えて水や火やワイヤーアクションや太鼓やダンスを多用したスペクタクル的な寛斎スーパーショーの衣装デザイン・企画・演出・プロデュースをライフワークにされています。
ロシアの赤の広場でのショーで日本の騎馬を走り回らせたり、日本武道館のアリーナ中に水を貯めちゃったり、ショーとしての思い切った仕掛けとアイディアには驚かされます。
今回の番組では、この寛斎スーパーショーについて詳しく紹介されていますので、寛斎氏がスーパーショーにかける情熱と、ショーを盛り上げる様々な仕掛けと演出について学びましょう。

また、次回、寛斎スーパーショーが開催される時には、実際に会場に足を運んで、その迫力を体感してみてください。

1 2

ホーム > タグ > 専門学校

マスコミ就職に役立つ!

今晩は、この番組を見よ!

番組/メディア情報など毎日更新中!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る