ホーム > タグ > 映像

映像

お笑い・映画業界志望者は神保町シアターの喜劇映画パラダイスで勉強を

今月15日から6月18日まで、吉本興業の神保町花月と同じビル内にある神保町シアターで、日本の往年の喜劇映画36本を集めた、喜劇映画パラダイスと題した特集上映が行われています。
僕のオススメは、エンタツ・アチャコや古川ロッパらの東京五人男、伴淳三郎のアジャパー天国、エノケンや三木のり平らの雲の上団五郎一座、由利徹のカックン超特急、フランキー堺の人も歩けば、渥美清の拝啓天皇陛下様、ハナ肇の馬鹿まるだし、立川談志やコント55号の昭和元禄ハレンチ節などです。
笑いは基本的にその時代のものですから、こうした喜劇映画も今見たら古臭く感じる部分も当然あるでしょう。
一方で、今に通じる笑いの構造や基本パターン、コメディアンの生かし方など、お笑い業界や映画業界を志望する人には勉強になるものも多いはずです。
まさに、古きをたずねて新しきを知る、です。それができる人こそ、新しいものが作れるのです。
僕が20歳前後の頃も、浅草東宝や池袋文芸座のオールナイトや国立フィルムセンターの特集上映などで古い喜劇映画を見まくったものです。同時に、まだテレビで売り出す前の三宅裕司のスーパーエキセントリックシアターとか、シティボーイズショーとか、当時の最先端の笑いのライブにも足を運んでいました。
古いものと最先端の新しいものを並行して、たくさん見てるうちに、自分の好きな笑いややりたい笑いの方向性も見えてくると思います。
笑いに限らず、音楽でも演劇でもドラマでもアニメでも、今の最先端のものだけでなく、そのルーツ的な古いものもたくさん見たり聴いたりして勉強することが何よりも大事で、そういうことをちゃんとしているかどうかは就活の面接官にも伝わるのです。

喜劇映画パラダイスの詳しいスケジュールは神保町シアターのホームページで確認のうえ、ぜひ、見に行ってくださいね。

映像制作志望者にオススメ、デジスタ・ティーンズ

皆さん、NHK教育テレビのデジスタ・ティーンズという番組を見たことありますか〜?
高校生とか若者たちの作った映像作品にゲストがアドバイス・コメントする番組で、今までティム・バートン監督や中村獅童が3週ずつ出演し、今日はロンブーの田村淳がゲストです。
ティム・バートンの時は独自の感性に基づいたコメントがとても面白く、映像制作志望者にとっては凄く勉強になったと思います。
プロのPVディレクターにアドバイスを受けながら、高校生が実際にPV作りに挑戦するコーナーなども面白かったです。毎週水曜午後6時55分からの放送で、土曜夜0時40分からの再放送もあります。
NHKのBS2でレギュラーを持ち、少し前にようこそ先輩にも出演するなど最近NHKづいている田村淳がどんなコメントをするのかも注目です。

今日は他に、ドラマや映画志望者には夜9時からTBSの韓国ドラマのアイリス、音楽業界志望者には夜8時からBS2のウエンズデーJ-POPのファンキーモンキーベイビーズのステージ特集と夜10時55分からNHKのSONGSのスガシカオ特集、お笑いバラエティー志望者には夜0時45分からフジテレビのフジ算がオススメです。

コンサート・ステージ制作志望者必見の山本寛斎スーパーショー

ステージ・ショーやコンサート・イベントなどの制作に興味がある人は、今日、夜8時からNHKのBS2で放送される、ザ☆スターの山本寛斎特集をチェックしましょう。
ファッションデザイナーとして世界的に有名な寛斎氏ですが、ファッションショーという枠を飛び越えて水や火やワイヤーアクションや太鼓やダンスを多用したスペクタクル的な寛斎スーパーショーの衣装デザイン・企画・演出・プロデュースをライフワークにされています。
ロシアの赤の広場でのショーで日本の騎馬を走り回らせたり、日本武道館のアリーナ中に水を貯めちゃったり、ショーとしての思い切った仕掛けとアイディアには驚かされます。
今回の番組では、この寛斎スーパーショーについて詳しく紹介されていますので、寛斎氏がスーパーショーにかける情熱と、ショーを盛り上げる様々な仕掛けと演出について学びましょう。

また、次回、寛斎スーパーショーが開催される時には、実際に会場に足を運んで、その迫力を体感してみてください。

ホーム > タグ > 映像

マスコミ就職に役立つ!

今晩は、この番組を見よ!

番組/メディア情報など毎日更新中!

検索
フィード
メタ情報

ページの上部に戻る